ディティールは手段であって目的じゃないです。
目的は着た時、着ていった時に「なんかいいね」って感じてもらえることだと思います。

手段を目的にしてしまうと、まずデザインの幅が狭まりますし、あと全体のバランスがおかしくなりやすいです。

例えば縫製について言うと、
一般的に縫製が良いって、どれだけ手間をかけたか(使う時間が増えるのでコストが上がるから)って話しになってくると思うんですけど、でもフラットな視点で見れば布と布がくっついていて、あとはデザインの違いに過ぎないと考えられますよね。(ステッチの出方、あるいは表にステッチが出ない)
だから手間をかけて、折り伏せ縫いダブルステッチで耐久性をあげても、表にステッチが二本出るけど、それはデザイン的に全体の雰囲気に調和するのかどうかという話しです。

.

まぁぜひルカ・オッセンドライバーとアルベール・エルバス期のランバンの「不完全の美」を見てほしいですね。
縫い代を断ち切りにして表に出していたり、パッカリングが出るようにしていたり、

ファスナーのテープを挟み込んだりせずにあえて表地に叩きつけるだけにしていたり……。

はっきり言って、縫製が丁寧とは対極のことをしているんですが、でも一つの服としてかっこいんですよね。

それを上手くデザインにしてる。

まぁ別にこのやり方を推奨してるわけではありません。
こういうやり方もあるという話しです。

とりあえず表現したい全体の雰囲気やバランスがあった上でのディティールって考えると、もっとデザインの幅が広がるし、全体的なバランスも良くなると思います。

デザインってやろうと思えば何でもできるから、詰め込み過ぎちゃう傾向があるので、いかにグッと堪えるかですね。

.
あと生地についてですけど、

何コットンとかスーパー何’Sとか、そういうたった一つの要素だけで判断しないで欲しいですね。

どんなに良い原料を使っても、生地を織るのに使う量を減らせば、耐久性のない、シワになりやすい生地になってしまいますしね。
それに生地ができるまでの過程をざっくり言うと

原料の種類、紡績の仕方、生地の織り方や密度、仕上げ加工ですが、組み合わせがほぼ無限大ですw
たくさんの過程を経て生地ができるので、

原料が良い(高価)っていうそれだけの理由で良い生地になる保証はないです。
まぁそもそも良い生地とは何かって人それぞれだし、服の用途やデザインによって変わってきますが。
でもだいたいの人が思い描いている良い生地って、光沢感があって、滑らかで、耐久性がある生地でしょうかね。
そう考えると、

良い原料で細い糸を何本も撚って、高密度に仕上げた生地が良いの条件でしょうか。

でも仕上げ加工で結構変わるんですよね……。
すみません、一概には言えないんで、これといった絶対的な基準はないです。

頭でっかちにならずに触って、着てみて、どうかで判断してください

.

.