BLOG TOP

どうも

デザイナーの竹田です。

日本のトップランクの生地メーカーってすごいんですよ、ほんと。

海外のラグジュアリーブランドとかもかなりその生地メーカーさんたちの生地を使ってます。

個人的に、

特にエルメスとシャネルは本当に良いものを作っているので、この二つのブランドが使っている生地は安心して使ってます。やはりクオリティが高いです。

ほんと、日本人でよかったです。そういう生地を関税とか言葉の障壁なしに、ガンガン使えますからね。

つい最近、某ショップでシャツ見てたら、「ストライプだけ、イタリアの生地を使ってるんですよ。他の柄や無地は日本のなんですけど、やっぱりイタリアの生地は全然レベル高いです。ほんと日本のより全然です」ってドヤ顔で言われました。

もちろん、僕はバトルするためにショップに来てるわけじゃないんで、「へー、そうなんですか!」って愛想よく返事をしておきました。内心ではバカめ!って思ってましたけどね。

そもそもイタリアって言ったって、たくさん生地メーカーありますからね。

それに生地のクオリティで言ったら、ものによるので一概には言えないですが、全体的に言ったら、日本の方が上だと思います。

まぁでも確かにカルロ・リーバだしてきたら、ぐぅの音もでませんよ。あそこはマジでやばいです。えぐいぐらい生地の値段が高いですけど。でも絶対にそのブランドはリーバさんではないと思いますけど。

まぁ色のセンスと柄で言ったら、イタリアの方がレベルは高いと思います。だからストライプの生地だけ、イタリアの生地を使ってるんですよってのは、もしかしたらそのブランドのデザイナーはそれをしっかり理解した上で、無地などは日本で、ストライプだけイタリアにしたのかもしれませんね。

やはり発色の良さが違いますね。ただその分、日本のはイタリアのより洗っても色が落ちづらかったりします。

日本はいかにクレームが起きない生地を作るかって感じですからね。でもそれが日本の良さでもありますよね。ちゃんと指示通りの生地があがってきやすいので。

海外だとかなりテキトーらしいですw まぁ工場にもよると思いますが。

つまり、僕が言いたいのは日本だから良いとかイタリアだから良いっていう超アバウトな接客をしている人が未だにいるんだなって、驚きました。

実用性の服はユニクロや無印の最強さんたちがいるので、コレクションブランドとかってもう趣味の範囲じゃないですか。

だからほんとに服オタクみたいな人がたくさん来るわけですよね。その人たちに対してそんなセールストークしたら、離れられるか、もしくは超つっこまれるかですよね。

ほんと販売員ってかなり重要なポジションだと思います。どんなに良いものを作っても、接客が微妙だったら、売れないですからね。別に他のところで買うしってなりますよね。

てかほんと、あのおじさんのドヤ顔がイラっときたから、基本的にただ話を聞いてるだけの借りてきた猫状態の僕でも、突っ込もうかと思いましたよ。

あのドヤ顔から察するに、「まぁ、お前みたいな若造ごときに生地の違いなんてわかるわけがないだろうがな。この全身真っ黒で、クリエイター感を出してイキってるんじゃねぇぞ」って心の中で思ってたよ、あのおじさん、ぜったい、運命、黙示録。

まぁこのブログを読んでくれた誰かが、そういうセールストークをされたら、僕の代わりに突っ込んどいてくださいw