BLOG TOP

どうも

デザイナーの竹田です。

先日、小学校で講演してきました。子供は率直でいいですね。大人になるにつれ、装う人間になってしまうので。

子供に学校は好きでしたかと質問されて、嫌いでしたって先生のいる前で言う背徳感がたまらなかったですねw 多分、もう呼ばれないと思いますw

アパレルなんて衰退産業。縫製工場や生地メーカーの人とよくそんな話をします。実際に現場はやばいらしいです。どんどん縫製工場は消えていってるらしいです。まあ、それは企業努力が足りなかっただけですね。やばいとは言いつつも、変わろうとしないから。もしくは勉強不足。打開策として自社ブランドを出す工場さんいますが、本当にダサいのが多いですねw どんなに品質が良くても、ダサかったら需要ないですよ。 デザインはいかに最高のものをパクるかだと思うので、どれだけ知識があるかが重要です。なのに全くブランドとか知らないし、よくわからん感性で作ってるしw

父さん……倒産しちゃったよってギャグがアパレル業界で流行るかもしれないですね。

今度から新しいシャツの縫製工場さんにお願いするんですけど(12月にあがってくる分から)、本当に良い工場さんです。うちのシャツは、テーラードジャケットによく使われる両玉縁ポケットという難しい仕様で、さらにポケット周辺にステッチ入れたりしていて、普通の工場じゃやってくれないんですよね。それに運針数も細かいし、脇も3mm以内だし。でもここの工場さんは、「できないってことは言いたくない。とりあえずどんな仕様でもチャレンジします」って言ってくれて凄いありがたいです。普通の工場はすぐできないって言って、全くチャレンジしようとしないんですよね。これからの日本の縫製工場には、中国などではできない技術力の高さと丁寧さが求められていくと思います。設備的に無理なら仕方ないけど、面倒だからとか難しいからの理由でできないって言ってる工場はほんと後々ヤバイと思いますよ。

同じクオリティのものが上がってくるなら、工賃が安い中国とかに任せちゃいますよね、そりゃ……。