BLOG TOP

どうも

デザイナーの竹田です。

手縫いか機械、どっちが好きですか?

僕は機械ですね。やはり細かいし綺麗なので。それにゆったり目の服が多いので、あまり手縫い入れてもって感じなんですよね。それにハンドだと高いので。

基本的に手縫いは肩や腕周りなど体の動きが激しい場所に使います。ミシンだと2本の糸で縫うので生地が動かないんですが、ハンドだと一本の糸で縫うので縫い目が少し動き、体の動きに追随してくれます。なので動きやすいです。でもタイト目の服であれば良いですけど、ゆったり目の服であればそもそもゆとりがあるのであまり意味ないです。

なのでゆったり目のサイジングで手縫いを謳ってるところは謎ですね。あと全く意味ないとこで手縫いしてるとか。手縫いってやはり手間がかかるので、工賃も高くなってしまいます。そんな無駄な仕様で高い服を誰が買うんでしょうか……。

そもそも動きやすさを求めたいなら、ストレッチ素材の服を着れば? って話しですね。

今の時代だと、手縫いは実用的なディティールというよりは男の浪漫ですねw

僕もね、手縫いは好きですよ。機械じゃ出せない縫い目や不均一な感じとか。それに僕はストレッチ素材は着ないので、スーツとかは肩周りなどに手縫いが欲しいですね。

ただね、手縫いだから良いんですよっていうのが嫌いなんですよね。手段を目的にしてしまってるパターン。手縫いも結局はただの着やすさを求めた手段であって、目的ではないんですよ。目的は着たとき、いかに感動できるかだと思ってます。

日本のブランドって手段を目的にしてしまい、そこで思考がストップして、全体の雰囲気がダサいのが多いんですよね。

いくら手が込んでても、そんなダサかったら着れねぇよって感じですね。

フランスのシャルべを見習ってほしいですね。別にスプリットヨークでもないし、ハンドも入ってないけど、物そのものの雰囲気が良いんですよね。ちゃんと手段と目的を理解してデザインすることが大事ですね。

どうですか? 久しぶりにちゃんと服に関して書いたような気がしますねw

そえば、カードキャプターさくら観終わりました。すっと観れましたね。初期作品を観た後のクリアカード編ほど、ワクワクするものはないと思いましたw 20年でのアニメ業界の進化を感じました。