BLOG TOP

こんにちは

デザイナーの竹田です。

僕はファッションが嫌いです。

ですがクローズは好きです。

つまりファッションという幻想ではなく、服そのものが好きなんです。生地や縫製とか。

例えば、これはあのブランドのジャケットだぞって自慢されても、全然生地も縫製も良くないじゃんって思っちゃうわけです。

僕はあのブランドだから買うってわけじゃなく、この生地でこの縫製でこのデザインだから買うって感じです。

.

ラグジュアリーブランドの服ってアホみたいに高いじゃないですか?確かに広告宣伝費、人件費、店舗の内装など幻想を生み出すためにかなり費用はかかってると思います。でも服そのもののコストは対してかかってないんですよね。そんな幻想のために高い金だしてごく普通の服を買うってアホじゃないですか。まあでもデザインとかはかっこいいんですけどね。なので良く言えばデザイン料で高いんじゃい!ってことですね。

.

僕のブランドはブランドタグをつけていません。このブランドだからっていうか、この服がなんか良いからって思われたいんですよね。ブランドに捉われず、服そのもののクオリティを見てるんだって。そもそもブランドタグって、付けても別に着心地がよくなるわけじゃないし、むしろ邪魔ですよね。それに僕は自分の下の名前がブランド名なので、SHINYAってこれ見よがしに服に付いてたら、恥ずかしいですよね。自己顕示欲の塊ですよね。だったら自分の名前をブランド名にするなって話しですよねw

でもブランド名に意味をつけたくなくて、ただ区別するためだけの記号にしたかったのでシンプルに自分の名前にしました。まあ僕がやってるブランドなので自分の名前でいっかって感じで。

.

日本とヨーロッパではものに対しての考え方が結構違います。

日本は形あるものに価値を感じ、ヨーロッパはデザインとか形のないものにも重きを置いています。だから、欧米の方がデザインとかかっこいいんですよね。それだけお金を払う人がいて、需要があるんで。日本は良いもの作ってるんですけど、ブランディングとか見せ方が弱いんですよね。良いもの作ってれば、必ず売れる精神ですね。まあどんなに品質が良くても、そのブランドの信念とデザインがダサかったら売れないんですけどね。

水野学さんの本はブランディングに関してとても勉強になりました。