BLOG TOP

どうも

デザイナーの竹田です。

トレンドが嫌いです。

トレンドに沿うサイクルに入ってしまうと、

トレンドが変わるたびに服を買わなくちゃいけなく、めんどうです。

わざわざファッション業界のビジネスサイクルに貢献してやる義理はないですw

だから自分の着たいものを着れば良いと思います。

もちろんトレンドに沿って、ファッションを楽しむのもありだと思います。

確かに着たいもの着れば良いじゃないかとご提案しましたが、社会の中で誰かと関わって生きている以上、少しはトレンドを意識して着なくてはいけないと思います。かっこいいという概念があるなら、必ずダサいという概念があります。だから、その時代のダサいという概念に当てはまらないようにしなくてはいけません。さすがにダサいとは思われたくないですよね。なので自分のスタイルにトレンド感を少し入れる必要があります。

例えば今だったら、細身のピチピチの服より、少しリラックスしたサイズ感がかっこいいと言われています。細身のシャツしかなかったら、丸首のTシャツをインナーにして、第二ボタンまで開ける、もしくは全部ボタンを開けて、リラックス感を出せば良いかと思います。

てか素肌にシャツ着て、第二か第三まで開けてるイタリアオヤジがたまにいますが、絶対にやめた方が良いですよw 日本人でその着こなしは中々ですよ。そもそもそういう文化が日本にないんだからさ、大人しく郷に入れば郷に従いましょう。試しに丸首の白Tを入れてみてください。それか胸が開きすぎないように着たりですかね。

でもまぁ例外で日本人でもその着こなしがかっこいい人はいますけど。

いつの時代もリアルクローズにおいてはトレンド感が強過ぎる服だと――細身が流行った時には超ピッチピチで、オーバーサイズがトレンドの時は、肩がかなり落ちて超ビッグサイズ――トレンドが変わった時に、使い回しが難しいです。なのでその時代でスタンダードと言われる服も少しは持っておくと良いかと思います。

よくダサいと言われる人は、一昔前にトレンドだった服を着続けていることが多いです。または究極的にわけのわからないのを着ているか……。

みんながみんな、同じような服やものを身につけ、同質化してしまうことを批難する風潮がありましたよね。個性がないとかで……。別にいいんじゃないかと思います。そもそもビスポークではなく既製品である以上、被るのは仕方のないことです。もし被っても、嫌悪感を出すのではなく、まるで同士を見つけたかのように喜んで語り合える、自分の芯が通ったものを身につければ良いと思います。