BLOG TOP

どうも

デザイナーの竹田です。

僕が尊敬している人をあげていきたいと思います。

斎藤和弘さん(元VOGUE JAPAN編集長)

カリスマってこういう人のことを言うんだなって思いました。僕が明治大学にいた時に、教授として在籍されていました。斎藤先生の授業は一番面白かったです。年度終わりの最後の授業で、終わる直前に軽くスピーチをされたんですが、凄すぎて自然と拍手が湧き上がりました。鳥肌が立ちましたね。初めて儀礼的ではなく、本当に心から拍手をしたと思います。もしまだ斎藤先生が在籍されているなら、絶対に受けたほうが良いですね。授業ではたまに特別ゲストが来るんですが、とんでもなくすごい人がきます。

学生の時、ファッション関係の知り合いが全然いなかったので、初めて作ったポートフォリオを誰にも見せず、いきなり斎藤先生に見せました。今思うととんでもないことしましたねw

斎藤先生のインタビューやコラムはかなり勉強になるので読んだほうが良いと思います。

https://lexus.jp/magazine/columnist/?id=2

ミウッチャ・プラダさん(PRADA)

ウィメンズが特に本当に素晴らしいと思います。PRADAの服は一着でカッコよくなれると思います。トレンドに合わせていくってよりは、自分の確固たる信念のもとデザインをしていると思います。でもまあそしてみんながそれに追随するので、それがトレンドになってしまうんですが……。

なにかのインタビューでI hate fashion but I love fashionって言ってました。本当にデザイナーとして尊敬しています。

ルカ・オッセンドライバーさん(LANVIN)

彼のコレクションは本当に素晴らしい。しっかり芯があって、ぶれない。ワンルック、ワンルックがかなり重い。読み取れる情報量が半端ない。シルエットのバランスやボタンの位置など、全てが計算されています。しかもちゃんとリアルクローズに落とし込んでいるのが好印象です。普通に欲しい……。僕が着たいと思うコレクションブランドはあとVALENTINO、HERMES、Maison Margielaぐらいですね。まあ買えないんですけどねw

李 禹煥さん

美術家。この人の作品や思想が好きです。特に黒い点が一つ入ってるだけのやつ。

ジャン・ボードリヤールさん

フランスの思想家。この人の考え方を知れて、僕はより明確に自分の立ち位置を認識できたと思います。社会で生きていて違和感や孤立感を感じている人は読んでみると良いかもしれません。まあ慣れてないと読むの難しいですけどねw

人間が作った社会は現実の一部でしかないって言葉が好きです。ほんと的を得た表現ですね。

ポール・ヴィンセントさん

S.E.H Kellyのディレクターです。ファッションという幻想ではなく、真摯にものづくりされています。ロンドンの旗艦店には常にポールさんいます。とても気さくで良い方です。僕もこんな風になれたら良いなと思います。

他にもたくさんいますが、もう書くの疲れたのでここまでで勘弁してくださいw