BLOG TOP

どうも

デザイナーの竹田です。

久しぶりに服に関して真面目に書きます。

前にも言いましたが、ファッションが嫌いなんですよね。

ファッションって幻想で、ただの売るための道具です。

ファッションは魔法だの、人を幸せにするだの言ってますが、それはただ実態のない幻想に酔っているだけです。

そうです、僕は夢も希望もない腐った人間ですw

.

よく写真ではかっこいいなって思っても、実物を見るとなんか違うなとかパワーを感じないなってことありませんか?

確かにファッションブランドはぱっと見がかっこいいなとは思います。ただ実物を見ると、なんか素材もアレだし、縫製もアレだし、ボタンとかのパーツもアレなんですよね。

世界で活躍してる買いやすい値段のコレクションブランドってビジネスは上手いかもしれませんが、モノとしてはアレなんですよね。まあそりゃ一般の人はなんとなくはわかるけど厳密には良い素材とか作りってわからないじゃないですか。ビジネスの上手いコレクションブランドって消費者がわからないところで上手くちょろまかしてるんですよね。そりゃ安いコストで高く売れれば儲かりますしね。まあ知らぬが仏なので、気づかなければ全然良いと思います。それに素材や作りよりデザインとかトレンドを重視しているなら全く問題ないです。人それぞれです。

.

全体的に日本のブランドは素材とかのクオリティは驚くほど高いです。コスパが良いです。comoliとかAuraleeとかUNUSEDとかTHE RERACSとか。

全体的に海外はデザインの良いものが多く、日本は作りが良いものが多いです。日本人の気質なんですかね。でもどんなに素材とか作りが良くてもダサかったら買わないんですけどね。

そう考えるとヴァレンティノ、ランバン、エルメスのクラスまでいかないと中々デザインと素材の両方をクリアしてくれるブランドがないんですよね。まあ高くて買えないので、金持ちぶってただひたすら試着をさせてもらうだけですw すいません、買わないのに……。

でも今は自分で服を作れる環境にいるので、自分の服を着ることが多いですね。ありがたいことに。というか自分の欲しい服がなかったから、無謀にもブランドを立ち上げてしまったんですがw  すいません、ちょろっとうちのブランドの宣伝をねじ込みました。

.

結局ファッションってパッと見だけのふわっとしたものなんじゃないかと思います。ようはただの幻想。まあだからと言って素材とか作りのクオリティをあげるととんでもなく値段が高くなってしまうと思うので、ファッションを選ぶか、ものそのもののクオリティを求めるか、人それぞれです。まあ自分が良ければ全て良しです。自分の金なんだから。

.

僕は断然もの派というかこの場合だと服派ですかねw ファッションというよりは服そのものを主題として表現したいので。

ちなみに僕は美術家の李禹煥さんとフランスの思想家のジャン・ボードリヤールさんにかなり影響されました。このお二方の本を紹介しておきます。ジャンさんの方は少し難しいとは思いますが、慣れてくれば面白く読めます。この二冊を読むだけでも世の中に対する見方がガラリと変わると思います。特にジャンさんの方は、自分はまわりの人たちとはなんか考え方が違うなとか、気づきはじめてる人にとっては良い助けになると思います。